FC2ブログ

池井戸潤『空飛ぶタイヤ』を読んでみた♪

映画にもなった池井戸潤さんの『空飛ぶタイヤ』を読んでみた。




トラックのタイヤ脱落事故と大手自動車メーカーのリコール隠しをテーマにしたお話。

事故を起こした赤松運送会社の社長である赤松が、自社の無実を証明すべく巨大企業の闇に挑む経済小説で、2002年に発生した三菱自動車製大型トラックの脱輪による死傷事故、三菱自動車によるリコール隠し事件などを物語の下敷きとしている為、リアリティがあり刹那が面白い。


主人公の赤松運送会社の赤松のほかにホープ自動車の沢田、東京ホープ銀行の井崎の3人の視点でストーリーが展開する。


ただ、沢山の登場人物が出て来るから覚えるのが大変でした(笑)。






以上、映画もBD出たらチェックしてみよっと♪


スポンサーサイト
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply